筑波大学附属視覚特別支援学校のWEB

寄宿舎指導員の公募について

 下記のとおり寄宿舎指導員を公募いたします。

募集の内容

  1. 採用職名  寄宿舎指導員
  2. 採用人員  2名
  3. 担当職務  寄宿舎における生徒の生活指導、生活環境整備、健康管理、歩行等の指導および生徒の相談にあたる。
    (寄宿舎には、視覚に障害のある12歳から50歳代までの生徒・学生が約80名生活しています。現在、寄宿舎指導員は17名で、土日祝日を含めた交替制勤務を行い、宿直勤務が週1回程度あります。)

  4. 応募資格
     (1)短期大学卒業相当以上の者
     (2)教員免許を有している者が望ましい
     (3)視覚障害に理解のある者
  5. 応募書類
     (1)履歴書(原則として自筆、写真貼付の上、緊急時に必ず連絡のとれる電話番号を明記すること)
     (2)小論文:課題「志望の動機と抱負」
        1,200字程度(ワープロも可 A4判横書き)
     (3)教員免許を有している者は免許状の写(表裏写)
  6. 応募締切日  令和3年10月29日(金)消印有効【持参の場合は同日午後5時まで】
  7. 採用予定日  令和4年4月1日
  8. 書類提出先
      〒112-0015 東京都文京区目白台3-27-6
      筑波大学附属視覚特別支援学校長 宛
      *封筒に「寄宿舎指導員応募書類在中」と朱書きし、簡易書留で郵送してください。
  9. 給与     国立大学法人筑波大学の規定による
  10. 選考方法  書類審査および面接
        (ただし、応募者多数の場合は、書類による一次選考を行います。)
  11. 面接予定日 令和3年11月9日(火)
  12. 問合わせ先
      筑波大学附属視覚特別支援学校副校長  山口 崇
      電話:03-3943-5421
  13. その他
     (1)応募書類により取得した個人情報は、教員選考業務以外に使用いたしません。また、応募書類については、返却いたしません。
     (2)教育研究等の活性化を図るため、将来、本学の他の附属学校において勤務いただく可能性もあります。
     (3)国立学校の法人化に伴い、地方公共団体との退職金の通算制度は廃止されました。そのため、現職が公立学校等の教職員であっても、現機関で退職金を受け取ってから本校に採用となります。